間違ったチェーントランザクションを回復する方法、リップルをイーサリアムアドレスに送信してしまったら? - Keychainx - アクセスを失った仮想通貨ウォレットの復元をいたします
06.06.2021
KeychainX

間違ったチェーントランザクションを回復する方法、リップルをイーサリアムアドレスに送信してしまったら?

てしまったら?

暗号通貨の世界に参加してまだ日の浅い人は、基本を理解するのに少し時間が必要でしょう。しかし、このコミュニティに長くいる人々も、依然としてリスクにさらされています。今日の話の1つは、間違ったチェーントランザクションです。

ポーランドは冬なので、窓からの眺めは素晴らしく、雪の中で自然の美しさを感じました。もう夕方で、とてもいい日でした。クライアントの開かなくなったウォレットをいくつか解決した後だったので、一日の終わりに特別なことを期待していませんでした。

私が間違っていたことは、10分後に判明にわかりました。

誤ってレジャーのイーサリアムアドレスにリップルを送ってしまい、リップルを失いました。」

私はこの事件について数分間考えました。ほとんどの人は、私も含め、XRPをイーサリアムアドレスに送信することは不可能だと考えています。どうしてそうなったのでしょう?

あなたのtxidを送ってくれませんか。それと、このイーサリアムアドレス用の秘密鍵はわかりますか?と私は答えました。

数分後、私はすべての詳細を受け取りました。調査を行い、何ができるかを確認するには、さらに数分を要します。 1時間足らずで、リップルがロックされたETHアドレスへの秘密鍵がわかりました。私達は作業を開始し、15分でBinanceChainからすべての失われたリップルを回復することができました。とても速かったと思います。

あっという間だな、と思いました。

それでも、失われたBTCやイーサリアムを回復するために2分とかからないこともあります。これは、私たちが設定した成功報酬の重要な要素の1つでもあります。またもう一つの大事な側面は、技術レベルの複雑さです。私はクライアントに手紙を書きました。

どうも、あなたの仮想通貨は復元できましたよ。 XRPアドレスを教えてください。

彼は作業がどれほど早く終わったかにショックを受けていました。また、私たちのクライアントのほとんども、私たちの誠実さを高く評価しています。お客様に信頼されていることを嬉しく思いますし、失望させません。この日は完璧な仕上がりでした。イーサリアムアドレスのBinanceチェーンで失われたXRPを回復しました。間違えたチェーンに送金したためにお金が消えてしまったと思われる場合は、詳細を送ってください。回収できる可能性があります。

間違ったチェーン取引に関連して、消えた資金に関するトピックをさらに深く掘り下げましょう。今私が説明したクライアントのケースは、ビットコインキャッシュからビットコインへのアドレスに送ることよりも珍しいものでした。

ビットコイン(BTC)アドレスに送信されたビットコインキャッシュ(BCH)を回復するにはどうすればよいか?

最初から始めましょう。暗号通貨ABの仮想通貨アドレスに送信することはどのようにしたら可能でしょうか?良い質問ですね。ビットコインとビットコインキャッシュは完全に異なるブロックチェーンで作動します。ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックチェーン上での移動や存在はできません。アドレスの一般的な形式であるレガシーアドレスのため、ビットコインキャッシュをビットコインアドレスに送信することはできます。

もし、ビットコインキャッシュをビットコインアドレスに送信し、両方の暗号通貨に同じバックアップがある場合は、ニーモニックワード(12または24)を使用してウォレットを復元でき、資金がウォレットに表示されます。
保管されていないウォレットのビットコインアドレスにビットコインキャッシュを送信する場合、秘密鍵を使用してコインを回収することは容易に行えます(秘密鍵にアクセスできることを前提としています)が、別の方法でトランザクションを送信する場合、例えば非保管ウォレットから保管されたウォレットへのコイン交換はより複雑です。

この場合、ビットコインキャッシュをロックしている、ビットコインアドレス用の秘密鍵にアクセスできるプロバイダーに頼る必要があります。彼らの助けなしに資金を回収する選択肢はありません。

ビットコインキャッシュの資金を回収できない場合は?

ビットコインキャッシュをビットコインSegWitアドレスに送信した場合、SegWitアドレスの秘密鍵にアクセスできても、それを回復することはできません。SegWitが何なのかと、疑問に思っていますか? Segregated Witnessは、2017823日に作成されたビットコインプロトコルのアップデートです。SegWitは、「トランザクションの順応性」の問題除去に役立ちました。このアップデートのおかげで、レイヤー2のプロトコルであるライトニングネットワークから始めることも可能です。

しかしながら、BCHBTCSegWitアドレスに送信した人の実質的な見方に戻りましょう。ご自分のアドレスの種類をどれに分類できますか?実は簡単です :

a) で始まるアドレス。 [SegWit] –回復不能

b) で始まるアドレス。 [SegWit] –回復不能

c) で始まるアドレス[レガシー] –回復可能

概要

今回ご紹介した能登は違うペアでの間違ったチェーントランザクションによって仮想通貨を失った場合は、私たちにご連絡ください。あなたのケースの場合、何ができるかを確認しましょう。取引所間の取引の場合はできることはあまりありませんが、ご連絡いただければ、できる限りお手伝いさせていただきます。

Contact : [email protected]